なぜ"『玄米まるごと・玄煎粉』"?


「玄米」の良さには興味を持って頂けましたか?
こちらでは何故当社で「玄米」以上に"『玄米まるごと・玄煎粉』"を
お勧めするのかを、ご説明させて頂きます。



玄米の食べ方の難しさ

1.玄米を炊く量の多さ&残った分の処理
最近は炊飯器でも玄米を炊くことが出来るので大変助かってはいるのですが、それでも一回に炊く量は少なくとも1合。一日に摂取する玄米の量を考えるとやはり多いと言えます。
残った玄米を皆さんでしたらどうなさいますか?
「一回分ずつ冷凍して保管」
これが一番とは思います。しかしどうしても炊き立てよりも味が落ちてしまいます。
解凍の仕方にしましても"炊飯器の中に入れる"等でしたら問題はないのですが、"電磁波の強い電子レンジを使用"には不安が・・。

2.食べる量
ちょっと難しい話と重なってしまいますが、玄米は白米の19倍のエネルギーを出すことができ白米に対してずっと少ない量で足りるので、食べ過ぎないようにしなければなりません。

○鉄分は玄米の3倍!

以前自分でも体調不良を起こし、それを直すため色々な方より勉強をさせて頂きました。そして実際に食しどうすれば食べやすくなるのかを考え、現在やっとここへと辿り着くことが出来たのです。
さらに当店での特殊製法の結果、通常の玄米ご飯よりも"玄煎粉"の方が鉄分を多く取る事が出来、同時に歯や骨に大切なカルシウムまでも摂取する事が出来るのです。
『玄米まるごと・玄煎粉』は既に加工済み商品。
一日20g程度の重さをはかって頂くだけで、玄米のように炊かなくても手軽に食べることが出来、さらに玄米ご飯以上の栄養を取れる製品です。

〜 成分表 〜

成   分 玄 煎 粉 通常の玄米ご飯
たんぱく質 6.9g 3.3g
脂質 2.6g 1.3g
灰分 1.3g 0.6g
炭水化物 82.5g 31.8g
エネルギー 381kcal 153kcal
ナトリウム 1.4mg 2.0mg
1.99mg 0.5mg
カルシウム 9.2mg 4.0mg
カリウム 224.0g 110.0g
ナイアシン 6.36mg 1.6mg
大腸菌 陰性    
(100g中) (100g中)

(財)日本食品分析センターさんにて調査。

戻る