食べ方、その他


”玄煎粉”はそのままでも食べれる食品ですが、
こちらでは皆さんから頂いた「こんな風に食べてます!」
というメッセージを集めてみました。




食べ方に関して特に禁止事項はありません。
守って頂きたいのはただ一つ・・
「1日、20g程度」
(大き目スプーン山盛り2杯程度が目安)と言う事だけ。

後は皆さんのお好みでご自由にお食べ下さい。



●シンプルな食べ方
”玄煎粉”20g程度+熱湯を適量
お湯を入れてふやかしてから噛んで食べる。(とろとろでも硬めでも水分量はお食べになる方のお好み次第です。)

●牛乳で食べる
”玄煎粉”20g程度+沸かした牛乳を適量
暖かい牛乳で良くふやかしてから食べる。(豆乳がお好きな方はそちらでも美味しく頂けます。)

●ミルクセーキに入れて食べる(飲む)
”玄煎粉”20g程度+牛乳適量+バナナなど果物+蜂蜜など
ミキサーの中に上記の物を入れ良く混ぜて、ジュース感覚でいただくのも美味。

●ココアで食べる
”玄煎粉”20g程度+ココア10g位+熱湯適量
熱湯の代わりに牛乳を使い、本格的ココアでもOK!

●蜂蜜で食べる

”玄煎粉”20g程度+蜂蜜大さじ1杯位+熱湯適量
甘めがお好きな方にはこの方法は食べやすいです。更にゴマをぱらぱら入れると栄養的にも大変理想的。

●きな粉&黒糖で食べる

”玄煎粉”20g程度+きな粉大さじ1杯位+黒糖適量+熱湯適量
きな粉=豆類、黒糖=自然から出来た糖類・・どちらも体にとって良い食品。

戻る