五十肩

  • 五十肩

    五十肩という言葉はよく耳にすると思います。 
    五十肩といっても、五十代の方だけがなるわけでもなく、はやい人で四十代、遅い人で七十代の方でもなります。
    五十代の人がかかる率が一番多いので、この名前が一般的に使われています。

    五十肩は、はっきり言って私にとっても厄介なものです。何故か…これといって決定的な治療法がないのです。

    症状は、腕を挙げられない、後に回せないなど具体的に言うと、高いところのものが取れない、髪を洗えない、後で紐を結べないなどです。
    これらの症状はほとんどが、特に原因もなく、肩の違和感(肩が張る、重だるい等)を感じるようになり、次第に手を挙げたり、後に回したりする時に肩の周辺が痛み、可動範囲が狭くなってきます。
    稀に肩の打撲、捻挫などの外傷にあとに発症することもありますが、原因として考えられる事は、老化現象のひとつだろうといわれています。

    長い間、酷使しているうちに、肩関節の周囲の軟部組織(いわゆるスジといわれる腱や靭帯、そして滑液包など)が退化したり、スリ減ってきたりして起こるものと考えられています。 
    また、稀に腱や滑液包に石灰が沈着する事もあります。
    いったん五十肩になると患う期間が長く、短い人で一年近く、長い人になると二年ほどにもなります。また、時々一方の肩が治ると、もう一方の肩も悪くなる人もいます。

    厄介なのは、なかなか治らないからと治療もしないでほっておくと、深夜になってからなんともいえない痛みが襲ってくることです。深い眠りにおちいった頃、痛みに目が覚めます。
    そして、布団の上に座り込み、すやすやと家人が眠っている傍らでひたすら朝まで肩をもんだり、さすったりと痛みに耐えねばなりません。

    では、なぜ夜間痛がおきるのでしょうか。
    五十肩になった肩は周りの筋肉にも影響が及び、筋肉は常に緊張が持続しています。すると、血管は筋肉に圧迫され、また、交感神経の興奮によっても、血管は収縮を起こし、血流が悪くなります。
    昼間は、ある程度の運動によって、血流は確保されていますが、夜間になると動かさないので特に血流が不足し、冷えてくる事によって、夜間痛が起こるものと考えられます。

    さて、はじめに、決定的な治療法はないといいましたが、一ヶ月や二ヶ月で治る治療法はなくとも、少しでも楽にする治療法はあります。
    整形外科などで注射をしていただく方法、鍼灸治療、マッサージ療法と、そのほか多々あると思います。

    しかし、この方法で一ヶ月で治リました、二ヶ月で治りましたというような方法はないと思います。
    二ヶ月、三ヶ月で治るようなものであれば、これは真性の五十肩ではないでしょう。
    単なる使い痛みではなかったでしょうか。

     しかし、そう悲観したものでもありません。一年かかるものを2ヶ月、3ヶ月では治せませんが、一年かかるのを八ヶ月、2年かかるのを一年半と短くする事は出来ます。
    特に辛い夜間痛は鍼やマッサージによってやわらげることが出来ます。
    鍼やマッサージを施すことによって肩の周りの筋肉をほぐし、血流をよくする事によっておよそ一週間ぐらいで痛みはやわらいできます。

    その後は根気よく治療を続けて少しでもはやく運動痛をとり、手をあげたり、回したりする時の可動範囲を広くする事です。

    五十肩の治療は、患者さん本人も根気が要りますが、我々治療する側も根気を必要とします。