頚腕症候群

  • 頚腕症候群

    頚肩腕症候群という言葉は一般の人にはあまりなじみがない言葉ですね。
    簡単に言えば肩こりや頚椎の変形などからおきる肩や首、上肢の痛みやしびれ、コリなどです。
    頚椎からは背中のほうにいく神経と手のほうにいく神経がでています。
    そのため、首のところで頚椎の変形や頚椎の周りの靭帯や筋肉が固くなれば神経や血管が圧迫され、その神経の走行である背中や手に痛みやしびれ、異常なコリが出る症状です。