更年期障害

  • 更年期障害

    女性の方ならほとんどの人がある程度の年齢に達すると更年期障害は経験するようです。
    まれに何もなかったという人もいますが…

    更年期障害は早い人で40歳、遅い人でも55歳ころには訪れる閉経の後に現れる自律神経の失調です。
    その症状の主なものは汗がよく出る、動悸が早く打つ、のぼせる、胸の痛みがある、めまいや耳鳴りがする、体がだるいなどです。
    要するに自律神経の失調で、交感神経の興奮状態になります。
    自律神経の失調がなぜ起きるのかといえば、閉経することによってにホルモンのバランスが変わり、いろいろな症状が体に現れるのです。
    原因はホルモンのバランスだけではありません。