脊柱管狭窄症

  • 脊柱管狭窄症

    脊柱管狭窄症は年を取ると発症しやすい症状です。
    人は年を取るとすべてにおいて変化が起こります。
    これは進行を遅らせることはできても止めることは出来ないでしょう。
    筋肉は堅くなり、骨は変形が起きてきます。
    その人の今までの生活の中で使い方が激しかった部分が特に進みます。
    重い物を持ち上げたりすることの多い人、一日中立ってばかりでつねに腰に負担がかかっている人、座ってばかりいる人、そんな人は脊柱管狭窄症になりやすくなります。
    症状としては次のようなものがあり、これに当てはまれば脊柱管狭窄症が考えられます。

    ・腰から臀部にかけての違和感
    ・下肢にかけての違和感
    ・歩くと足が攣る
    ・しばらく歩いていると痛みが出てきて少し休むと痛みが治まりまた歩ける(間歇跛行)
    ・前かがみになると痛みが軽減する
    などがあげられます。

    治療は完全を望むなら手術して脊柱管の内径を広くすることですが、あまりひどくない症状であれば保存療法も可能です。
    それは関節の周りの血流改善をよくすることです。

    関節の周囲の靭帯や筋肉が血液循環の不全によって、脊柱管内の神経を刺激しているため痛みを引き起こしていると考えられます。
    軽い体操などを積極的に行って体幹の筋肉を鍛え、腰椎に負担がかからないようにすることです。
    血流の改善する薬や最近では脳まで痛みを伝える信号を遮断する薬なども開発されているようです。

    その他、鍼なども効果が期待できる施術法です。
    腰椎の周りにはインナーマッスルといわれる小さな筋肉や靭帯がありますが、その周辺を狙って鍼を刺し、血流の改善をはかる方法もあります。